農業で「つながり」が生まれる「農業フェア」とは?

3b5e0c31 f5aa 4c6f a9e6 6a46459c9214

近年、就転職の候補やITの活用分野として「農業」が着目されています。

私たちの生活にも「食」に関しては、誰もが農業のお世話になっていますが、そのような「農業の流行」によって、各地で農業関連のイベント・フェアが行われていて、若年者の「農業への認知」を高めるための交流会なども活発に開催されています。

それでは、さまざまな「農業関連のイベント」や「就農」について見ていきましょう。

「農業関連のフェア」にはどんな人が来ているの?

農業に関連するイベント・フェアの参加者の多くは「初心者」なのだそうです。

あるイベントでは、参加者の80%以上が初参加の人たちだったとのことで、「実際に農業を営んでいる人たち」とふれあいながら、農業について関心を持ってもらうことができているとのことでした。

どんな作物を育てているのかやどんな仕事内容で、どんな生活ぶりなのかなど、さまざな貴重な体験を聞くことで、就職・転職を考えている人たちの「働くキッカケ」を作ることもでき、将来の農業人口の減少を抑えるための取り組みが日本各地で行われています。

農業は山地・平野といった「自然豊かな土地」で行われていることが多く、「田舎への移住」を考えている人も「農業に興味関心が深い」のだそうです。

農業関連のイベントをキッカケに「田舎暮らし」を考える人も多く、「美味しい野菜」を食べることで、「自分も農業に携わりたい」と思う人もいるなど、農業への関心は年々高まってきています。

収穫した野菜を「新鮮なままで食べることができる」のも、「農業イベントならではの魅力」なので、家族で参加して「子供達に新鮮な野菜と農業に触れてもらうこと」も良い思い出になるのではないでしょうか。

「農業が行いやすい環境」の整備

農業に就職する人たち(就農者)について、給付を受けられる制度が整えられていて、「農業を専門に学習する人たち」や「独立して農業を営む人たち」向けに給付制度が設けられています。

相談・交流会などを行なっている地方自治体も数多くあり、これからの農業を担っていく人たちを「金銭面・技術面・経営面」などでサポートしてくれるのため、新規事業参入者を受け入れる体制があるのも就農者が増えている大きな理由になっているのはないでしょうか。

就職先についても「就転職のための農業サイト」や「就農イベント」などが、「農業熱」が上がるにつれて、年々増えていることもあり、就農者にとって「幅広い選択肢が用意されている環境」が整いつつあります。

農業に関してもIT化が促進されてきていて、「農業管理をシステム化している事例」も数多くあり、「IT技術」と「農業」というマッチングにより、「システム化された新しい農業」に生まれ変わろうとしています。

「IT系の勉強会イベント」に参加しながら、「農業系のフェア」にも参加していくことで、「ITがわかる農業技術者」として活躍していくこともできるのではないでしょうか。

「農業」を行うには何が必要なの?

農業を営むためには、まず「農地」が必要になります。

そして、「営農していくための技術・知識」はもちろんのこと、「農業経営についての経営プラン」を作ることも必要です。

しかし、全く知識の無い初心者にとっては難しい部分もあり、「NPO法人」や「農業関連団体の勉強会やイベント」に参加することで、実際の農業経営者から「営農ノウハウ」を聞くこともできるので、農業経営者と交流を深めていくことも大切です。

農業も他の産業などと同じく、「初期投資」が必要となりますので、実際に作物を収穫して、収益を上げるまでに1千万円以上の資金が必要となることも少なくありません。

例えば、1年後に収穫できる作物であれば1年間は無収入で生活をする必要があるということです。

しかし、新規就農者については、助成金や給付を受けられる可能性もあるため、就農や営農を考えている人はいちど、農業関連の公的機関で相談してみるのも良いのではないでしょうか。

「専門的な農業の知識」を身につけるためには農業スクールや大学に通うなど、専門教育を受けることも必要で「農業に関する基礎的な技術」をしっかりと身につけ、また「経営に関する能力」を身につけていくことも大切です。

農業で食べていくための知識・技術を得ることは「一朝一夕」でできることではないため、しっかりとした計画を立てて、その計画を元に行動していき、日々「農業に関しての知識習得と技術経験」を積んでいくことが大切です。

TOP